2011年09月08日

KINEMIC娯楽映画企画フィルム―ノワール担当林です。

初めまして。
KINEMICwith娯楽映画企画のジャンル映画―フィルムノワールを担当している林知明です。

僕らの組は先週の土曜日にクランクインしました。
本来であればこの土日の二日間でアップする予定だったんですが、超大型の台風の影響により屋外での撮影の一部が延期になりました。残念。。。
しかし、タフな撮影にも文句一つ言わずに参加してくれた仲間には感謝の言葉がみつかりません。

ノワール映画と聞いてピンとこない方もいらっしゃると思います。
担当する僕自身も、明確な定義付けが困難なジャンルです。直訳すると『黒い映画』となってしまうので、なにやらおどろおどろしい雰囲気を醸し出してしまうのですが、ホラー映画ではありません。
フィルムノワールの代表的な作品に古くは『マルタの鷹』『三つ数えろ』等、他に『ブレードランナー』『ミラーズクロッシング』『蜘蛛の瞳』なんかもノワール作品に当てはまるのではないでしょうか。
つまり、ハードボイルド、暴力、サスペンス、悪女、アンチモラル、といった要素が見いだせる作品。。。なんて書いていて、自分でも混乱してきちゃいました、気になる方は上記作品をチェックしてみてください。

さて、今回の映画ですが仮タイトルは『グランドオダリスク』といいます。
物語は、バイト感覚で殺人を請け負う青年の物語です。非常にアンチモラルで暴力的なテーマですね(笑)。もちろん悪女=ファムファタルも登場します。
今回の映画のコンセプトとして、『死と性(図らずも聖も)』をテーマにした名画を取り入れています。タイトルの『グランドオダリスク』もアングルの傑作名画のタイトルです。他にも『ベアトリーチェ・チェンチの肖像(グイド・レーニ)』『イサクの犠牲(レンブラント)』『ピエタ(彫刻作品―ミケランジェロ)』他をオマージュしております。そちらにご興味のある方も是非!

撮影も残すところあと1日、皆さん是非とも晴れる事を一緒に祈ってください(って、まだ撮影日未定なんですけどね。。。)。

それでは長々と書きましたが、この辺で失礼いたします。
posted by KINEMIC at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。